21世紀型の実践するプロジェクトマネジメントを推進するプロジェクトマネジメントの社会起業家集団を目指す企業です。

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-22-10-701

お気軽にお問合せください

03-6450-1068

PMI-ACP試験の情報

PMI Agile Certified Practitioner (PMI-ACP) SM

PMI(R)では、プロジェクトにおいて、アジャイルに関わる専門家向けに、新たにアジャイル・プロジェクトマネジメントの資格、PMI Agile Certified Practitioner (PMI-ACP) SMの認定を開始しています。

最近IT開発においてアジャイル・プロジェクトは欠かせないものとなっています。本資格は、その状況を反映して専門家としてアジャイル・プロジェクトを実施する際に必要となるツール、テクニックを活用する実務能力を評価するものです。

受験資格としては、プロジェクト・チームでの実務経験、アジャイル・プロジェクトの実務経験、アジャイル・プロジェクトに関する公式の研修、が求められます。試験は、アジャイルに関する原則、実務慣行、ツールとテクニックに関する問題が出題されます。

受験要件
1.教育高校卒業以上
2.プロジェクトマネジメントの実務経験プロジェクト・チームにおいて2000時間の実務経験(直近5年間)
3.アジャイル・プロジェクトの実務経験アジャイル手法を活用したプロジェクト・チームにおいて1500時間の実務経験(直近3年間)
4.トレーニングの受講21時間の公式の学習
(アジャイル実務に関するプログラム)
資格維持の条件

3年間のCCRサイクルにおいての30PDUの取得

PMP(R)資格保有者のメリット

PMP資格保有者は、上記受験要件の1と2は既に満たしているものとして考慮されます。
もちろん受験要件の3,4は必要です。

試験情報
試験問題数試験時間
1203時間

※120問中20問は、プリテストとして採点対象にはならない。

受験料金
項目PMIメンバーUSドル
コンピュータ試験会員435ドル
非会員495ドル
再試験会員335ドル
非会員395ドル
資格更新会員90ドル
非会員130ドル

本記述は、以下の参照資料を基に作成したものです。内容、翻訳に関する正確さを保証するものではありません。

参照資料
PMI Agile Certified Practitioner Handbook, PMI
上記の資料はPMI(www.pmi.org)からダウンロードできます。

2015年 PMDIは進化します!

プロジェクトマネジメントの実践に必要な3つの要素

グローバル・プロジェクトを実施する企業を3つの要素から強力にサポート!

HIMモデルはこちら

PMPが仕事に役に立っている
資格ランキング第2位

PMP (プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)

仕事に役立っている
資格ランキング第2位

(日経新聞2014年1月7日)

ところで、PMPってなに?
と思われる方PMPの扉をご覧ください。

PMPの扉はこちら

会社紹介

プロジェクトマネジメント情報研究所(PMDI)

代表取締役:清水計雄

代表者プロフィール

住所

〒105-0001 東京都港区
虎ノ門3-22-10-701

連絡先

03-6450-1068

info@pmdi.jp

会社紹介はこちら